育勉で活躍女性 育成支援事業、女性社員とその管理職向け研修事業:ikuben

育勉で活躍女性  育成支援事業、女性社員とその管理職向け研修事業:ikuben平成26年度静岡県委託事業

お問い合わせ

企業の皆様へ

女性の悩み:両立支援のハードル

なぜ仕事を辞める? なぜ仕事を続ける?

仕事と育児の両立には一体何が必要と考えているのでしょうか。結婚、出産を機に「離職した女性」「仕事を継続した女性」の両者の声に、企業に必要な両立支援のヒントがあります。

◆離職した女性は、「なぜ辞めることを選択したのか」
まずは、仕事を辞めることを選択した女性たちの声をご紹介します。

【環境要因】
 * ロールモデルが近くにいなかった。両立のイメージが持てなかった。
 * 就いている仕事の内容・勤務時間・仕組み(フルタイムでないと無理)
 * 企業の姿勢、職場の雰囲気
 * 制度があるだけで、経営者や上司の無配慮、育成・フォローアップの欠如
 * パートナーの転勤等に伴いやむなく辞めた

【自己要因】
 * 育児に専念したかった。→辞めた後で後悔するケース多し
 * 自分に両立できると思わなかった。(自信が無い、周囲の協力が望めない等)
 * 辞めたときのデメリットを考えなかった。(再就職の難しさ、育児だけの孤独感・焦燥感)
 * パートナー他周囲に「働かなくてもよい」と言われた。
 * 自分のキャリアや生活設計に明確な計画がなかった。

  • 女性の悩み:両立支援のハードルicon_zoom01

育休制度を利用した女性の「育休中の悩み」とは?

◆育休制度を利用し「仕事を辞めない」ことを選択した女性が、「育休中」に抱える悩み

 * 産休・育休中の仕事をしない時期に、自分の居場所がなくなる恐怖を感じた。
 * 育休からの復帰後、以前と同じように働けるかどうか不安。
 * 育児中の自分が働くことで周囲に迷惑を掛ける気がする。
 * 子育ても経験が無く手探り状態で自信がない。その上で仕事のことまで考えられない。
 * 目の前の家事や育児に忙殺されて、将来のキャリア像が描けない。
 * 長期間仕事から離れることで、仕事感覚を忘れてしまった。
 * ママ友はできても、ワーキングママ仲間はいない。両立に関する相談先がない。
 * 復帰準備に何を・いつすれば良いのか情報が無い。
 * 会社とどうコミュニケーションを取れば良いのか分からない。

女性たちの生の声に耳を傾けてみると、「離職した女性」たちは、自分の可能性にフタをして「簡単に辞める」という選択をしているようです。ライフステージによる仕事と家庭のバランスは必要ですが、長期的な展望がないのが懸念されます。

また、育休制度を利用し「仕事を継続した女性」たちは、育休中は「とにかく不安」である様子が見てとれます。
この状況で果たして「仕事」に対するモチベーションが上げられるのでしょうか。

女性の悩み:両立支援のハードル
icon_zoom01

当事業へ関心をお持ちいただいた企業様へ

当事業は企業様がご利用主体となり、女性人材に向けて提供される研修プログラムです。
お問い合わせ・資料希望等、お気軽にご連絡ください。

  • TEL:053-545-5105 [ 株式会社NOKIOO 女性事業担当宛て ]
  • お問い合わせ